忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝焼けの光を纏い、アラが静かに剣を構えた。
「さ、始めようか」
言って、両剣を構えるアラに対して、俺は稽古用の刃引きした単剣をだらりと構える。
アラが深く呼吸を整え、こちらの隙を窺う。
「はっあああああああっ!!!」
朝の静寂を打ち破る咆哮を上げ、地を蹴って跳躍するアラ。
太陽の逆光を利用してきたと言うわけか。

シャィイィンッ

上空からの一撃を俺を剣を滑らせるように受け流す。
着地の体勢から間髪いれずに足元を薙ぐアラバスターの左剣が虚空を斬った。
残念、俺はすでに半歩だけ後ろに下がっていた。
「くっ!?」
そのまま遠心力を利用して体勢を起こしながら右剣の斬撃
だが俺は片手で難なくそれを捌き、剣を軽く捻って弾く。
アラの片手から剣が零れ落ち、地面へと突き刺さる。
「っ!?」
一瞬、落ちた剣に目が行ったのが運の尽き。
「は~い、そこまで~」
何時の間にか見ていたルティさんが、タオルをアラに投げた。
「ちぇっ、姉さん見てたのか・・・」
ぶつぶつ言いながら汗を拭くアラにルティさんが三本指を立てた。
「今のやりとりで、あんた三回斬られてるわよ」
「最初に剣を捌かれた時、着地としてからの左剣、最後の剣を落とした時だろ?わかってるよっ!」
言ってタオルを投げ返して、俺に礼を告げると、ギルド内にある稽古場の方に元気良く走り去っていった。
「ははっ、若いっていいねぇ、うんうん」
「な~に年寄りくさいこといってるのよ、それよりアラはどう?」
「あ?別に心配ないんじゃね?」
どうもアラが人より剣の上達が遅い事をルティさんは心配してるみたいだけど
「あいつは良くも悪くもルティさんの影響を受け過ぎてるのさ」
「へ?あたしの?」
裏返った声で自分を指差してきょとんっとしてるルティさんも可愛いな・・・。
「アラは考え過ぎなんだよ、魔道のように剣を理論で理解しようとしてるのさ」
「それはあたしとしてはちょっと複雑ね・・・あたしのせいもあるのかな・・・・」
そう言うルティさんの肩をぽんっと叩いて
「どこの姉弟も上には影響されるもんだよ、さ、それより朝ご飯まだでしょ?一緒に食べよ」
「あ、うん・・・てっ!!!!」
一緒に歩き出したルティさんが何かを思い出したかのように声を上げて立ち止まった。
「そんな場合じゃなかった!!ローソンなにしたの!?」
「はっ?」
慌てたルティさんがポケットから1通の封筒を俺に差し出した。
それはギルド内での重要通達事項がある場合に出されるマスター用の特別な封筒だった。
だいたい、ギルド全体に通達されるものなのだ。
しかも、すげぇ本当に重要な時に使用されるフォンさん用の封筒・・・・。
・・・今回は俺一人に・・・・あれ?やばい?
「え~っと・・・俺、なんかした?」
完全に俺の顔は引きつっていた。
「知らないわよ・・・・。」
つられてルティさんの顔もひきつる。
「と、とりあえず、読んでみる」
「う、うん」
封筒を破る手が震えているのは本能が警戒していたのかもしれない。
便箋には簡潔で無駄のない文字が一行だけ書かれていた。


――――すぐに来なさい――――


「な、なんて書いてあったの?」
「・・・・・・・・」
「ね、ねぇ」
「・・・・・・・・」
「ちょ、ちょっと、ローソンってばっ!」
「なんかしたっけえええええええええええええええ!!!!」
俺は奇声を上げながらダッシュでフォンさんの居るマスタールームへと向かった。
後ろでルティさんが俺の名を呼ぶ声がしたが、振り返る余裕なんて微塵もない。


――――  オオ・・・ ―――――

扉の前に立つと、静かで深海のように冷たい空気が俺を包んだ。
緊張しているのか、唾を飲み込もうとした口の中はカラカラに乾いている。
「・・・・ふぅ・・・」
俺は呼吸を整え意を決した。

コンコンッ


「どうぞ」
ノックから少し遅れてフォンさんの声が静かに響いた。
俺はもう一度乾いた喉をならして、扉をの先へと足を踏み入れた。

ザワッッ!

部屋に入ると、そこは何時もと変わらないマスタールームであった。
で、あったにも関わらず魔物が潜む密林に足を踏み入れたかのような悪寒がした。
扉を閉めて静かに書類を見ているフォンさんの前へと歩みでる。
目の前に居るのは何時ものフォンさんだが、違う。
「急な呼び出しでもうしわけありません」
書類からこちらに目を移す。
蛇に睨まれた蛙の気持ちがわかってきた・・・。
「ローソンにお聞きしたいことがあります。」
「・・・ハイ・・・」
俺は精一杯の声を上げたつもりだが、小声にしかならなかった。
「一昨日の夜から今日に掛けて、ギルドの冷蔵貯蔵庫に足を踏み入れましたか?」
「・・・冷蔵貯蔵庫ですか?」
確か生ものとかを保存したり、女性陣が冷えたお菓子とかを大事に保存したりする場所だったな・・・。
何度かルティさんに付き合って行った事はあるけど・・・。
「一昨日の夜から今日に掛けては足を踏み入れてはいません」
「その行動を保障できますか?」
「ルティさんとほぼ一緒にいたので、ルティさんに聞いていただければ大丈夫だと思いますが」
そう言うと、部屋に満ちていた殺気が幾分か薄くなるを感じた。
「わかりました。ではここから本題に入ります・・・」
そう言っ少し黙したフォンさんは、静かだが奥底に沈めた怒りを抑えるようにしているのが微かに伝わってくる。
俺はフォンさんの次の言葉を待った。
2秒、3秒くらいだったと思うが、物凄く長い沈黙に感じられた。


「・・・うちのプリン・・・」


「・・・・・・はっ?・・・」
聞き間違えだったのだろうか?今確かにフォンさんの口からプリンって言葉が出たような・・・。
「夢幻の港に半年から一年に一回しか来ない行商人が売っている限定20個のお一人様2個までのうちのプリンが!!!」
恐らく聞き間違いではない、確実にプリンと言っている。
「名前まで書いて冷蔵貯蔵庫に入れて置いたプリンが誰かに食べられたのよ!!!」
ああ・・・全てを俺は理解した。
でも、ここで「たががプリン」とか言った瞬間、俺はこの世から居なくなるな。
「・・・・犯人を捜せと?」
「ローソン、くれぐれも迅速かつ内密に頼みましたよ」
その笑顔の下にどれだけの怒りを隠しているのか想像もつかない。
「・・・・全てはマスターの意のままに」
俺は一礼してマスタールームを出た。
瞬間、全身の力が抜けて膝が地に落ちた。
緊張からくる汗で手も服もじっとりと濡れていた。

「・・・・・はぁ~・・・・」

俺はよろよろと立ち上がると、フォンさんの笑顔を浮かべながらふか~いため息をついた。

PR

光り溢れる世界。
地平線の遥か彼方まで広がる美しい大地。
穏やかな果てない空には優しい風がみちていた。
俺は瞳を閉じて、世界の揺り篭に身を任せていた。

「――――卑怯者­―――――」

冷たい言の葉が響き、美しい世界が砕けた。
硝子の様に砕けた世界の向こうに闇が覗いていた。
暗く、深い、漆黒の闇。
その闇で誰かが囁いている。

「――己の名を知る者の居ない地に辿り着き――」

闇の中にいる人影が俺に手を差し出してきた。

「――嘗て、その手に握られていた剣を捨て去り――」

自分の意思とは関係無く、差し伸べられた手を掴もうと手を伸ばす。

「――護るべき場所も仲間も失って――」

お互いの手が触れ合う瞬間手を差し伸べた人影が微かに笑った。

「――何故、お前は――ている?」

その笑顔は―――――――――――俺!?


「ローーーーソーーーーーーーンッ!!!!」
「っっっ!!!」
はじかれるように現実へと引き戻された俺は どすんッ と言う鈍い音と共に地面に落下した。
「いててて;;ルティさ~ん、起こす時は優しくって何時も言ってるでしょ?」
なんとも情けない格好のまま見上げると、やれやれと肩をすくめたルティさんが見下ろしていた。
「・・・・・・今日は白・・・おわっ!?」
言い終わるや否や、凄い勢いで目の前に靴の裏が迫ってきたのを寸での所で回避した。
「ローソン!貴方は何時もいつも・・・・はぁ」
怒られると思いきや、ふか~いため息をついて、ルティさんが指で額を押さえた。
「毎度のことで疲れたわ、話しが進まないから本題に入ります。」
「はいは~い、何かな?」
「まず、これはどう言う事なのか説明を求めます。」
務めて事務的は口調で俺の目の前に書類が突きつけられる。
「ん?俺が書いた週間報告書に何か問題でも?」
「ありすぎです!!問題がありすぎてどこから突っ込んでいいのかもわからないわよ!」
ルティさんはそう言って一ヶ月分ほどありそうな抱えた書類の中から、比較的新しい物を捲って見せた。
 
○月×日 まぁくんとわかにゃんがイチャついてるのを目撃。

○月△日 夢さんの愛ヒールに萌えた。

○月□日 祖龍北にある飯屋の新メニューが美味かった。

○月◇日 aoに勝負を挑まれ全力でこれを排除する。

○月☆日 冥府の鳥戦士が戦士のくせに魔法を使う事に憤りを覚える。


「・・・・何か問題でも?」
「ありすぎるわああ!!なんの為にリーダーが毎週報告書の提出を義務付けられてると思ってんの!?」
「・・・・暇だから?」

 ――――ザワッ――――

大気が振るえ、ルティさんの周りに魔力が集束する。
「ちょ!?うそうそうそ、かる~い冗談だってば!!!」
「まったく・・拓ちゃんでさえちゃんと書いて報告してるって言うのに・・・」
「・・・拓ちゃんでさえって、それはどうだろう?」
「え?あ~こほん、まぁそれは良いとして、以後ちゃんと報告書を書くように」
軽く咳払いして誤魔化したつもりになっているあたりが可愛いんだよね。
「何ニヤニヤしてんの?」
考えてる事が顔に出たらしく、怪訝な表情でみられてしまった。
「なんでもないって、んで?本題は?」
「ぶえ!?」
突然のフリに変な声が上がった。
「ルティさんは何か話しがある時は必ず違う話題から入るよね?」
「あうう;、いや、その~・・あの話しどうなった?」
ちょっと頬を赤らめてもごもごと呟く。
「ああ、結婚の話・もがぁ」
突然口を塞がれた。
「しーーーー、まだ内緒だって言ったでしょ?」
「へほ、ふぁふぁなんはひには、ほうはふぇほうはお?」
「口を塞がれながら喋られてもわからんわあ!」
「もは、ぶは~、でも、わかにゃんとかには感づかれてるよ?」
「うう;;そう言えばaoさんにもなんか感づかれてるっぽいのよねぇ;;」
困った時の癖なのだろう、額に手をあてて、う~~っと情けない声を上げている。
そんなルティさんを見ていると、不思議と心穏やかになっていく。
そして思い出す、俺の心がルティルトと言う女性を愛した瞬間を。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

無事だったから良かったものを・・・どう言うつもりだ?」
恐らく初めてだろう俺の冷たい口調。
俺に抱えられているルティさんが少し強張るのを感じた。
「でも、危ないって思ったら体が勝手に・・・。」
「だからって戦士の前に立つ奴がいるかっ!!」
先の戦闘での事、とどめを刺しきれていなかった敵が放った一撃。
俺の反応が遅れた事とルティさんが魔力に敏感な事が重なって、ルティさんは足に重症を負った。
幸い、後遺症は残るものではないが、街に戻って適切な治療が必要だ。
「ごめんなさい」
しゅんっとした声に心が痛む。
ルティさんに怒ってはいたが、それ以上に油断でルティさんに怪我を負わせた己自身に対する怒りが込み上げていた。
街への帰路、無言のまま時が流れいく。
「ねぇ」
先に口を開いたのは、ルティさんだった。
「ん?」
「ローソンの名前、Lostwinって本名じゃないでしょ?」
「ああ、そうかもな」
「前に聞いた時もそう答えたわよ?」
「ああ、そうかもな」
「ローソンって昔の事を話したがらないよね?」
「ああ、そうかもな」
「ローソン、さっきからそればっかり」
そう言って少し笑うルティさん。
「傷、痛むか?」
「ん?ちょっとだけ、でも大丈夫」
「そか」
再び訪れる、無言の時間。
ルティさんを背負った俺の影が、夕日で長く地面に伸びている。
「ねぇ」
「ん?」
「結婚する人とは隠し事があっちゃいけないと思うんだあたし」
突然出てきた結婚って言葉に俺は戸惑った。
「驚いてる、俺はルティさんと結婚するんだーって言ってたのは誰よ?」
悪戯っぽい笑みを浮かべて俺の瞳を覗いてくる。
「独り言だから、聞き流してくれ」
「うん」
俺は初めて自分の過去を話した。
自分が騎士であった事、国を捨てた卑怯者である事、本当の名前。
何故話したのか今でもわからない。
きっとルティさんの翡翠の瞳を見た時から、魔法をかけられてしまったんだと思う。
「独り言はおしまい、長いわりにはつまらない話しだったでしょ」
そう言って見ると、ルティさんは額に手をあてう~~っと情けない声を上げた。
「どうしたの??」
「う~ん、でも・・・ふむむ・・・・・よし!やっぱローソンだ!」
「へ?」
俺は思わず間抜けな声を出していた。
「いや、呼びかたね、本名もあるしLostwinってのもあるし、でもあたしとしてはローソンが一番しっくりくるんだよね!」
「ははっ ああ、ローソンで良いよ、俺はローソンさ」
そう言って俺は笑った、真っ赤に染まる空を眺めながら、何故か込み上げてきた涙を零さない様に。

その日から俺とルティさんは他人ではなくなった。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

俺はう~~っと情けない声を上げてるルティさんをひょいっと抱きかかえた。
「わっわっ、なに?」
「めんどくせぇ、今から結婚報告しよう!」
「ぶえ!?」
俺は飛剣マサムネを呼び出すと、ルティさんを抱えたまま空へと舞い上がった。
ルティさんの手からこぼれた書類が風に乗って青く高い空へと飛んでゆく。
「もう!強引なんだから!!」
抗議の声を上げたルティさんの顔はとびっきりの笑顔だった。
「ルティさん、愛してるよ」
「あたしもよ」
穏やかな風が、口付けする二人を優しく包み込んでいた。



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[11/23 コンスタンツ]
[11/17 ルティルト]
[11/16 ao]
[11/16 那樹ナジュ]
[11/10 edgh]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ